ドクターリセラ アクアヴィーナスシリーズなどお電話でご相談承ります。

アルブチン

ホーム >> 美容成分辞典 >> アルブチン

Tag: 美白効果

アルブチン

アルブチンは美白成分です。

美白効果のある成分はたくさんありますが、その中でもアルブチンの効果は高く、厚生労働省が“美白効果”を認めている成分の一つです。

「お肌の漂白剤」として強力な美白成分で有名なハイドロキノン(ヒドロキノン)とブドウ糖が結合した物質で、美白効果に優れています。

アルブチンにはほとんど副作用はなく、しみやそばかすの原因であるメラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを抑える働きがあります。

メラニン色素は、メラノサイト内のチロシン(アミノ酸の一種)が酵素チロシナーゼと結びついたもので、アルブチンは、メラノサイト内で酵素チロシナーゼに作用して、メラニン色素の生産を抑制します

チロシナーゼの働きを抑えることにより美白効果をもたらすのです。
ハイドロキノンの美白が「除去」であるのに対し、アルブチンの美白は「抑制」。つまり、ハイドロキノンのほうがアルブチンより美白効果が高いというわけです。
しかし、ハイドロキノンはとても強力な為、肌に負担をかけたり、漂白ムラができることもあります。
肌への負担がほとんどなく、しかも安定した成分であるアルブチンは、美白成分として副作用なく効果を発揮してくれる為多くの人に支持されています。

アルブチンには、α-アルブチンとβ-アルブチンの2種あり、どちらも美白成分であることに変わりなく、α-アルブチンはコケモモなどの植物、β-アルブチンはウワウルシといわれるツツジ科のハーブに含まれています。
ちなみにαーアルブチンは、チョコレートで有名な江崎グリコが世界で初めて量産に成功しました。

β-アルブチンのほうが歴史がありますが、メラニンの生成を抑える力が高いのはα-アルブチンのほうです。
α-アルブチンはβ-アルブチンに比べて、10倍以上もの作用で、しみ・そばかすの原因となるメラニンの合成をブロックしまた、肌への刺激もほとんどなく安定した成分ということでも注目されています。

α-アルブチンは、メラニン色素合成の鍵を握るチロシナーゼ酵素の活性を抑える作用に優れており、紫外線によるしみ・そばかすを防ぎます。
一方β-アルブチンも同じように、メラノサイト内で酵素チロシナーゼに直接作用してメラニン色素の生産を抑制、しみ・そばかすを予防します。
α-アルブチンは、ハイドロキノンに比べて極めて安全性が高く、メラニンの生成を強力に抑制します。

またアルブチンは、ビタミンCと一緒に使えばさらに効果的と言われています。

▲ page top

α-アルブチン配合ドクターリセラ商品

スーパーホワイトEX
スーパーホワイト エクストラ
10g  4,200円
30g 10,000円

スーパーホワイトマスク
スーパーホワイトマスク
1枚 1,365円
5枚 6,300円

β-アルブチン配合ドクターリセラ商品

スーパーホワイトマスク
スーパーホワイトマスク
1枚 1,365円
5枚 6,300円

▲ page top

ドクターリセラ通販

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional