ドクターリセラ アクアヴィーナスシリーズなどお電話でご相談承ります。

植物プラセンター

ホーム >> 美容成分辞典 >> 植物プラセンター

Tag: 美白効果 抗酸化作用

植物プラセンタ

プラセンタとはもともと『胎盤』の意ですが、植物には胎盤というものが存在しません。

しかし、植物には胎座と呼ばれる胎盤と同じ働きを持つ部位があり、その胎座から抽出したエキスが『植物性プラセンタ』と呼ばれています。この胎坐がヒトプラセンタや豚、馬プラセンタ同様に成長過程においての栄養の役割を果たしています。

プラセンタ研究によって、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど、動物性プラセンタと同様のはたらきや効果を持つ成分を抽出したものが「植物プラセンタ」です。

「動物プラセンタ」と「植物プラセンタ」は同じものではありませんが、それぞれメリットがあります。

胎座は成長期に植物の実の栄養分になるため、植物性プラセンタは植物の芽の細胞分裂が初期段階にあるうちに抽出されます。

植物性プラセンタには動物性プラセンタ同様、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、美肌や美白効果を期待することができます。

ほ乳類などの動物の胎盤から抽出された動物性プラセンタは、各種栄養分の他に成長因子という特別な成分を含んでいます。

この成長因子の有無が最大の違いと言われてますが、アセロラの胚から抽出した水溶液では、生物学的な意味での成長因子が牛プラセンタと同じ働きをするため、皮膚組織に多く存在している繊維芽細胞の増殖実験では、牛のプラセンタを上回る結果が得られた、との報告もあります。

成長因子は人間の成長に欠かせない物質で、あらゆる細胞の形成を助け、各器官が成長するのをサポートします。

そのため、成長因子を含む動物性プラセンタは皮膚組織の回復・再生能力や新陳代謝の向上に優れ、肌のハリや弾力を維持したり、疲労回復に役立ったりします。

一方、植物性プラセンタにはこの成長因子が含まれていないことが多く、各種栄養分による美肌・美白効果は得られますが、美容・健康両面において動物性プラセンタに若干劣ると言われています。
従って「プラセンタ」と「植物プラセンタ」は全く異なるものです。

では、なぜ植物性プラセンタが生まれたのでしょうか。
その背景には、動物性プラセンタの安全問題があります。
プラセンタ商品が流通された当初、その多くは牛や豚のプラセンタを使ったものが大半を占めていました。
しかし、BSE問題が取りざたされるようになったことを受け、2001年、厚生労働省が一部動物性プラセンタの配合を認めないという通達を出したことから、動物性プラセンタの安全性への問題が浮上するようになりました。
そこで生まれたのが植物性プラセンタです。

植物の胎座から抽出された植物性プラセンタは、動物性プラセンタに比べて美容・健康効果で見劣りするものの、商品としての安全性が高いことから、一躍注目を集めるようになりました。
現在、動物性プラセンタも安全性が保証されているものが多いのですが、こうした経緯から、植物性プラセンタを愛用する方も非常に多くなっています。

植物プラセンタ配合ドクターリセラ商品

スーパーホワイトEX
スーパーホワイト エクストラ
10g  4,200円
30g 10,000円

スーパーホワイトマスク
スーパーホワイトマスク
1枚 1,365円
5枚 6,300円

▲ page top

ドクターリセラ通販

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional