ドクターリセラ アクアヴィーナスシリーズなどお電話でご相談承ります。

ドクターリセラの特徴

ホーム >> ドクターリセラ商品一覧 >> ドクターリセラの特徴

ドクターリセラの特徴

リセラの特徴

お肌に良いものだけを使った製品づくり

『数万円もするクリームを購入されるお客様のお肌が必ずしもキレイでないのは何故?』

そんな疑問から、ドクターリセラの化粧品づくりは始まりました。

一般的な化粧品の成分を調べてみると、油分と水分を混ぜ合わせるための『石油系合成界面活性剤』成分の劣化・腐敗を防ぐ『酸化防止剤・防腐剤(パラベン)』香りをつける『合成香料』、色をつける『合成着色料(タール色素)』など、お肌に必要のないもの、お肌に負担をかけかねないものが多く含まれています。

お肌に必要なものだけを使って、しかも結果の出る化粧品を作る事が出来たら…
そう考えたドクターリセラが、世界中を周って探し求め出会ったのは、地球が今よりも美しかった遥か二千年の昔、降り注いだ雨が海の奥底へと流れ込み、世界の海をめぐって豊富なミネラルを有した沖縄海洋深層水と、それをベースとして作られた『αGri-x(アルファグリックス)』です。

この水の持つ不思議な力により100%お肌に有効成分のみでつくった化粧品の開発に成功したのです。

ドクターリセラは、お肌の細胞を元気にさせます。

お肌の仕組み

肌断面

お肌の仕組み

健康的なお肌が美しいお肌です。
お肌の一生は、基底層で細胞が生まれ、徐々に表面に(有棘層→顆粒層→角質層と)移動し、最後は垢となって剥がれ落ちて一生を終えます。
お肌の細胞の命は健康的なお肌で約24日間と言われていて、このサイクルがお肌がいつも新鮮でハリと潤いを与えられている状態です。
この周期をターンオーバーといいます。

ターンオーバは、老化と共にサイクルが遅くなる!
お肌の老化現象は、ターンオーバーが遅くなり、いつも新鮮で健康的な細胞が作り出されなくなることから始まります。
つまり基底層から細胞が生まれる速度が落ち、だんだん細胞を生まなくなってしまうことで、古い細胞がいつまでもお肌に残ってしまうのです。
基底層の働きこそがお肌のアンチエイジングではとっても大切なのです。

お化粧品の役割

一般的なお化粧品

美容成分を基底層まで届かせろ!
上記で説明したように、お肌のハリや潤いはお肌の細胞が新鮮で元気なことが条件ですので、細胞を生む基底層が元気になることが一番大切です。ここに美容成分を届かせ作用させることがお肌のハリ・潤いを保つのに最も効果的です。

簡単には届かない美容成分。
しかしながらお肌には異物の混入を防ぐ為にバリア機能があります。
バリア機能は異物の進入を防ぐと共にお肌の大切な水分や生体成分が失われることも防いでくれる大事な機能です。
その為、一般的な化粧品は角質層までしか成分を届けることが出来ず、角質層の細胞に潤いなどを持たせ、ハリ感を持たせるように作られている場合が多いです。

リセラの特徴

ドクターリセラ化粧品の特徴。

ドクターリセラの大きな特徴は、有効成分を表皮と真皮の間にある『基底細胞』(細胞を生み出すお母さん細胞)まで届かせ、刺激することで、新しい細胞がどんどん生まれるようにすることです。

その細胞が活発に上へ上へと押し出されることで、頑固なシミやクスミが新しいお肌へと生まれ変わります。

お肌本来の力を取り戻し、適正な油分と水分をあわせ持つ健康なお肌になります。

▲ page top

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional